昨今の婚活事情

時代の移り代わりと共に結婚に対する理想も変化するもので、それは婚活のスタイルにも共通していることなのです。どういうことかといえば、少し前まで女性の結婚観としては、婚姻後も共働きを続けて家事は折半、そしてできれば職場を辞めることなくそのまま続けたい、そのために住まいも互いの職場に通える場所ということになっていたのです。もちろんキャリアアップを目指して、しばらくは子供もいらないというもので、これはこれで間違ってはいかないのです。 しかしながら仕事を頑張っても正当に評価されない、報われない、差別されるなどの問題が起こって、心身が疲れてしまう人が増えているのです。その結果、仕事よりも生活を大事にしたいと思うようになってきているのです。

女性の結婚観の変化とと共に婚活も変わっていき、これまでは都会に住まう男性がターゲットだったのですが、最近は地方にも目を向けるようになってきているのです。そして最近では地方に向かう婚活ツアーに人気が集中していて、旅行を楽しみつつ、地方で現地に住んでいる独身男性とお見合いをするというものに人気が出てきているのです。その地方に行くことによって、詳しく知り、住みたいと感じる人も増えていて、過疎化に悩む地方としても願ったりの風潮であるのです。 ただし結婚観がどれだけ変わっても、幸せになりたいと願う気持ちは変わることがないのです。そして婚活も自分が幸せになるためのもので、形や方法が変わろうと、それだけは絶対なのです。